講師紹介

飯田レイ子

■講師 飯田レイ子紹介

1942年7月4日生まれ。
栄養士として鹿児島大学病院に10年間勤務し、西洋医学を学ぶ。
その頃、難病指定の膠原病や3回の死産を経験。
4回目の妊娠中、虎ノ門病院の医師の勧めで玄米を主食とするマクロビオティク(自然食)にし、体質改善に成功。
膠原病的症状が消失し、無事出産。
この経験から東洋医学・哲学に興味を持ちヨーガを学ぶ。
自身の病気克服・体質改善の手法を伝えようとヨーガ教室を開設。25年間、延べ2千人に食習慣改善も合わせた独自の指導を続け、病気予防・治療、美肌維持、ダイエットに効果が高いと定評を得る。
公立高校の授業や市の講師としてヨーガ指導するなど多方面で活躍。